一生もの革財布

一生もの革財布※日本製で丈夫・おしゃれで長く使える革財布を発見

MENU

長く使いたい

財布って消耗品、と思っている方多いですよね。やっぱり使えば使うほどキズ等も付き、使えなくなるケースが結構あると思います。
酷い時は1年で破れた・形が崩れた…なんて事もあり得ます。

財布

 

せっかく気に入ってた財布なのに(-_-;)
どうせ使うなら長く使いたいと思うのが当たり前です。

 

でも一生ものの財布なんてあるわけないよな…。
イヤイヤ、そんな事はありません!丈夫で一生使える財布があるんです。

 

…って、一生はちょっと言いすぎかな(^^;)人それぞれ使い方にもよりますもんね。でも、中には丈夫で30年でも40年でも使える財布はあるんです。

 

では、どういった財布が一生ものの財布となるのか、どこの財布を使えばいいのか、詳しく教えちゃいます(^^)/

 

丈夫な革財布

 

長く使える財布の特徴として、やはり素材が一番重要になってくるポイントだと思います。
ナイロン・ビニール・布・牛や馬などの革…など財布の素材でも色々ありますよね。他にも変わった素材を利用した財布を目にする事もあるんではないでしょうか?

 

この中でも、断トツで丈夫で長持ちする財布は、やはり革を使った財布だと思います。財布以外にもバッグや服・ベルトなどなど、レザーは丈夫なので色々な商品で利用されていますよね。

 

「一生ものの財布=革財布」と思ってもらえたらOKです(*^^)v

 

ただ、革財布ならどれでもいいといった訳ではありません。やはり革の品質・そして財布を作り上げる縫製も重要になってきます。

 

品質の悪い革であれば、それだけ早くキズや革のすり減りなどが起こり、使えなくなる、なんて事になります。また、いくら良質な革を使っていても、作り手がダメなら商品も長持ちしません。

 

「良質な革と、素晴らしい腕で作られる」この2つが合わさって初めて長持ちする丈夫な革財布が生まれるとい言っていいでしょう。

 

ココマイスターの革財布

どこの財布が丈夫で人気があるのか?それは、皮革製品専門店の【ココマイスター】といったお店の革財布がお勧めです。
革財布にこだわりを持っている方なら知っている、有名なお店です。
ココマイスター

 

ヨーロッパ最高級の皮革を利用し、日本の職人さんが一つ一つ丁寧に縫製しているので、とても丈夫な作りになっています。

 

デザインも素晴らしく、シンプルだけど、質の良さを感じるこだわりの財布というのが伝わります。

 

ココマイスターの会員に入会すると、永年保障を受ける事が可能です。万が一商品に不都合が生じた場合で修理を受ける事が出来るので安心ですね。

 

長財布から二つ折り財布、ラウンドファスナータイプなどメンズ用・レディース用共に種類豊富に取り揃えていますし、バッグや名刺入れ、キーケースなど財布以外にも素敵な革製品もありますよ。

 

ラッピングも無料となっているので、クリスマス・誕生日などプレゼントで贈られても喜ばれるでしょう。
一生ものの革財布をお探しの方は、ココマイスターの財布をチェックしてみて下さいね(*^^)v

 

 

≫ココマイスター公式サイトへ

 

 

ハイブランドの財布以上!?

良質な財布と言えば、初めに頭に浮かぶのは「ルイ・ヴィトン」「エルメス」「ボッテガ・ヴェネタ」「シャネル」などハイブランドの財布を思い浮かべると思います。
確かに、高級ブランドの財布は高品質なレザーを使い、質も良いと思います。

 

しかしながら、どうしても値段が高いというのがネックになってくる場合がありますよね。また、「高級ブランド=革専門店」という訳ではないのもポイントです。
物によっては、これで数十万円?って疑ってしまうような商品もありますもんね。

 

もちろん、ネームバリューに引かれる場合もあると思いますが、長く使うという目で見ると、ココマイスターのような革専門店の財布を利用するのがお勧めです。
今までに、上記のようなハイブランドの財布を利用した事もありますが、私的にはココマイスターの財布の方が丈夫で利用しやすいといった感じがします。

 

あくまで私個人の意見なんですが、長く使える財布はブランドよりも質にこだわるべきなのかな、と思っています。
デザインもシンプルで飽きのこない、また、丈夫なココマイスターの財布は値段以上の物だと思いますね。

 

 

大人は質のいい革財布を使おう

学生の頃は布のウォレットタイプの財布を使っていました。
会員カードや小銭をいれるとパンパンに膨れ上がり、見るからに野暮ったい。

 

それをスボンの後ろポケットにいれると、さらにだらしない感じ。
でも学生のうちはそれでも許されるのです。

 

でも大人になってからも、相も変わらずウォレットタイプの財布を使っていたのでは、人前で財布を出すことができません。大人になればぜひ質のいい革財布を使いたいものです。

革財布

 

では革財布のどこが良いのでしょうか?

 

まず上質の革を使ったものなら、使えば使うほど革がなじみ、味わいがでてきます。
また革は布やナイロン製の財布に比べて丈夫で長持ちします。

 

そして、なんといっても見た目にもおしゃれでできる大人を演出することができるのです。

 

革財布を選ぶ際にどんな点に気を付ければいいでしょうか?

 

まず革財布はお札用と小銭用を完全に分けることです。
やはりお札用として長財布をチョイスしましょう。小銭やカード入れがついているものはこの際パスです。

 

せっかくの革の長財布がカード類でパンパンになっている姿はスマートでありません。
色は無難に黒を選びます。黒ですとどんな服装、シーンにも合います。

 

2つ目、3つ目を買うのなら、茶色や他の好みの色を選ぶのもありです。バリエーションが広がります。
革の種類も重要です。
豚、羊などありますが、最初にチョイスすべきは牛革でしょう。

 

個人的にはコードバンもおすすめ。馬のお尻の革で使い込むほどになじんできます。
値段はここは無理をしてでも3〜5万円程度のものを買いましょう。

 

デザインは奇抜なものは避けて、シンプルなものを選びます。これで人前でも自身を持って、財布を出すことができます。
人は意外と他の人の財布を見ているものです。大人になれば、質のいい革財布を使いましょう。